引越しの理由

進学と就職と引越し

生活していく上で「引越し」は、誰もが一度は経験するのではないでしょうか。引越しをするということは、何らかの事情があるケースが多いのではないでしょうか。その理由として、自らの意思で引越したいという自発的理由と、自らの意思でないものの引っ越さなければならないというものがあります。子供のときは、親の都合でやむを得ず引越しすることが多いですが、大人になった今では、どのような理由で引越しを決めるのでしょうか。その理由について考えてみます。まず、自らの意思で、最初に引っ越すきっかけとなるのは、ほとんどが進学と就職の時です。全寮制の高校や大学であれば、寮に入るために引越しをします。実家から通える範囲内であるが、通学するには大変、親元を離れて自由に生活をしたい、など、このような理由で、高校生の頃から一人暮らしをする人もいます。そして、やはり一番多いのが、大学進学とともに引越しを決めるパターンです。賃料が安いワンルームマンションや、学生寮に引っ越す場合が多く、はじめての一人暮らしを経験することでしょう。このように、大学進学と共に引越しをする学生が多く、人気物件はすぐにうまってしまうので、引越しが決まれば早めに物件探しをしましょう。また、就職のときも、引越しを決める、第二のきっかけとなります。会社に近いところや、通いやすいところなどが引越し先の候補として挙がります。新入社員寮がある場合は寮に引っ越すことになるでしょう。